11月11日(土)中津市の小幡記念図書館にて

九州北部豪雨復旧復興祈念「ひがた美人シンポジウムin中津」が開催され

当日は約150人の方に参加していただきました。

岡部 藤岡【大分県漁協 中津地区 漁業運営委員長】による開会のあいさつの後

大分県北部振興局長 安部 欣司様 中津市 参与 滝口 定義様

中津市議会 副議長 吉村 尚久様 に祝辞を頂きました。

記念講演では浜口 昌巳さん【(国研)瀬戸内海区研究所】に

「養殖牡蠣のブランド化戦略~世界の牡蠣養殖事情と『ひがた美人』~」

として講演頂き世界ではどのような牡蠣が食されているのか

また世界から見てひがた美人はどの位置にあるのか

などについてご講演頂きました。

その後本田 哲也【大分県漁協 中津支店長】より「ひがた美人」養殖概要を

先進的な取組をされている鈴木 隆さん【(株)ファームスズキ代表取締役】

アシュリー・ターナーさん【BSTオイスターCEO】に事例発表を行っていただきました。

鈴木さんには日本でも珍しい塩田で育てているクレールオイスターについて

アシュリーさんはひがた美人にも使われている牡蠣養殖資材の販売メーカーの代表であることから

オーストラリアのカキ養殖について発表頂きました。

最後に久保 栄里奈さん【埼北水産(株)】と柳田 いずみ【大分県漁協 中津支店「ひがた美人販売責任者】

を交えパネルディスカッションを行いました。

久保さんからは現在の「ひがた美人」の輸出先・これからについて語っていただきました。

予定していた2時間はあっという間に過ぎてしまうほど活発な会となりました!

ひがた美人」は7月の九州北部豪雨にも負けずすくすくと育っています。出荷まであと少し!

今年の冬をお楽しみにしてくださいね!

記念講演の様子

パネルディスカッションの様子